育毛

【育毛前頭部を復活させる方法】あなたのM字ハゲを食い止めます!

こんにちは!

 

 

 

前頭部が薄くなってきてしまい、対策を何かしたいのですが、いい方法はあるでしょうか?

 

前頭部は、一番髪の復活が難しい、と言われてるところです。

 

しかし、一番髪の毛が復活して欲しい部分でもある訳です。

 

この記事では、前頭部の髪の毛を復活させる方法を書いていきます。

 

この記事は、約5分で読み終わる事ができます。

 

最後までお付き合いください。

 

前頭部の髪の毛が復活するのが難しい理由

skeeze / Pixabay

 

前頭部の髪の毛の復活は、難しいと言われていますが、それには理由があります。

 

①【育毛前頭部を復活させる方法】5αリダクターゼが多い

 

前頭部には、男性型脱毛の原因とされる5αリダクターゼの量が、多いことが挙げられます。

 

後頭部や側頭部には、5αリダクターゼは、ほとんど存在しないと言われています。

 

薄毛になる人でも、その部分は抜けずに残っていることが多いです。

 

【育毛前頭部を復活させる方法】毛細血管が少なく、血行が悪くなりやすい

 

頭皮の皮が薄い部分で、毛細血管が少ないと言われています。

 

そのため栄養分が、頭皮に届きにくいのが、前頭部の復活が難しいと言われている理由です。

 

【育毛前頭部を復活させる方法】いつも刺激にさらされている

 

前方からの風を受けたり、髪の毛の分け目を作ったりすることによって、前頭部に刺激が多くなります。

 

また前頭部は、紫外線にさらされることが多くなるので、ダメージも多くなります。

 

【育毛前頭部を復活させる方法】前頭部に効く成分

Free-Photos / Pixabay

5αリダクターゼを阻害し発毛因子を増やす必要があります。

外用薬

アデノシン

育毛促進成分、FGF―7の産出や太毛化を促すことが発見されました。

また、毛乳頭細胞に直接作用をする力があります。

サイトプリンペンタデカン

発毛進シグナルを増長させ、髪の毛の元となる、ケラチンの合成に必要なエネルギーを供給する。

ヒオウギエキス

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする、イソフラボンを多く含んでいます。

女性ホルモンに似た働きのある成分をとることにより、男性ホルモンを、相対的に抑えることができます。

M―034エキス

海藻のネバネバに含まれる成分の一種です。

 

髪の成長を促してくれ、また毛髪の後退を誘導する、FGF5の働きを抑える物質を出すことができます。

 

オウゴンエキス

オウゴンエキスは消炎や保湿、抗アレルギー、抗酸化などの働きもあります。

 

そして、脱毛の原因ともなる5αリダクターゼを抑える力があります。

 

ビワ葉エキス

毛髪成長を促進させる、FGF―7の産出を促進し、成長期の停止に関わるFGF―5の産出を抑える効果があります。

内服

ノコギリヤシ(ソーパルメット)

AGA治療で使われているフィナステロイドの原料は、ノコギリヤシから作られています。

5αリダクターゼの働きを抑えてくれます。

 

亜鉛

 

育毛ミネラルと呼ばれています。

 

細胞分裂をする時に必要とされていて、髪の毛の成長にも不可欠です。

 

5αリダクターゼを抑える効果もあります。

 

食べ物では生牡蠣、レバー、牛肉に多く含まれています。亜鉛

 

イソフラボン(エクオール)

イソフラボンには女性ホルモンに似た働きをする作用があります。

 

女性ホルモンを増やすと、相対的に男性ホルモンの量を減らすことができます。

 

納豆、豆腐、油揚げ、きな粉に多く入っています。

 

特に納豆には亜鉛も豊富に入っているので、積極的に摂りたい食品です。

 

 

プラセンタ

 

育毛を阻害する、男性ホルモンの働きを抑え、新陳代謝を良くすることで、毛母細胞の代謝をよくします。

 

また毛細血管の血流を、良くする効果もあります。

 

【育毛前頭部を復活させる方法】心がけたいこと

Gellinger / Pixabay

①眼精疲労を取る

 

パソコンやスマホ、テレビゲームで目をたくさん使うと、目の網膜が傷つき、それを修復するために、システインが使われます。

 

システインは髪の生成にも必要な成分なのですが、目を酷使し傷ついた部分を修復するに多く使われると毛髪の修復に必要な、システインが足らなくなります。

 

そのためにも、眼精疲労にならないように気をつけましょう。

 

目の疲れを取るには、目を温めるのが一番良いです。

 

ドラッグストアなので、目を温め、疲れを取る商品が出ているので利用してみましょう。

 

②起床後30秒間、正座をする

血流を改善することが、前頭部に髪を増やすことには必要です。

 

そこで血流を良くするには、足を鍛えること重要です。

 

特にふくらはぎは、「第2の心臓」言われ、全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。

 

正座をすると、骨盤の位置が安定し、腰から伸びる背骨も正しいカーブを作ることができます。

 

また両足のふくらはぎに、均等に圧力がかかるため、足首や膝の筋肉関節の状態を均等にしてくれます。

 

そのため、全身の血流が良くなり、前頭部の血流も良くなります。

 

③朝食を抜く

普段から食べ過ぎの人は、便を腸に溜め込んでいる可能性があります。

 

便は毒素を出し、身体に悪影響を与えます。

 

人の体は食べ物の消化がないと、毒素の排出の方に力を使えることができます。

 

アスリートの人は朝食は水分や果物、ヨーグルトだけという人がほとんどのようです。

 

朝は排泄の時間と決まっているそうです。

 

毒素の排出の負担をするために、あまり食べない方がいいと指導を受けるそうです。

 

③運動をする

正座にプラスして運動をすることが、血流を良くするために大切です。

 

ウォーキングやジョギングをして、足を鍛えることを特に意識しましょう。

 

スクワットもお薦めです。

 

④たくさん水を飲む

1日1.5リットルから2リットルの水を飲むことが良いとされています。

 

水を飲むことで血流が良くなり、頭皮の前頭部の血行も良くなります。

 

⑤タンパク質をよく取る

髪の毛はケラチンと呼ばれる、タンパク質からつくられています。

 

タンパク質は生命を維持するのに必要なものなので、一番最初に筋肉や内臓に行ってしまいます。

 

そのため、タンパク質を多く摂らないと髪の毛に作ることができません。

 

動物性たんぱく質

 

肉類、魚介類、卵、乳製品

 

植物性たんぱく質

 

米、大豆、小麦

 

動物性のタンパク質と、植物性のタンパク質をバランスよく摂るようにしましょう。

耳を引っ張る

 

耳を引っ張ると、頭の中にある「蝶形骨」が自由になります。

蝶形骨が自由になると、神経の通りが良くなり、体全体がリラックスします。

その結果、副交感神経が働いて、頭皮の血行は良くなります。

すごい簡単な方法なので、やってみましょう。

 

【育毛前頭部を復活させる方法】まとめ

Free-Photos / Pixabay

【育毛前頭部を復活させる方法】あなたのM字ハゲを食い止めます!と題して書いてきました。

 

前頭部を復活させることはとても難しく、私は長くミノキシジルを、使ってきましたが、発毛をするのには至りませんでした。

 

前頭部の薄毛は進行が早いというので、注意が必要です。

 

私が編み出した育毛方法が一つあります。

 

それはノコギリヤシをハサミで切り、中の液体と浸透力の強い馬油と一緒に混ぜて頭頂部に塗るという方法です。

 

そして2時間ほどよく浸透させ、お風呂で頭皮を5分ほどシャワーで、洗い流し、頭皮の毛穴を十分に開かせ、丁寧にシャンプーするということをしていました。

 

前頭部の髪の毛がかなり粘って、生えてくれていたので、効果があったのではないかと思います。

是非、試してください。

 

色々な方法を組み合わせて、前頭部の育毛には取り組んだ方がいいと思います。