育毛

ハゲはうつ病になりやすいのか?関係があるのか解説します!

ハゲでうつ病に悩む人
ハゲでうつ病に悩む人
ハゲで悩んでいます。

ハゲはうつ病になりやすいのでしょうか?

アッキー
アッキー
このような疑問に、育毛生活を30年送ってきたアッキーがお答えします。

結論から言うとハゲが原因で、うつ病にはほとんどなりません。

この記事で分かること

うつ病とは

うつ病の原因

うつ病になりやすいタイプ

うつ病とはげの関係

【ハゲはうつ病になりやすいのか?】うつ病とは

まずうつ病とは、どんな病気なのか、知る必要があります。

うつ病とは、脳のエネルギーが欠乏する病気です。

脳のエネルギーが欠乏すると、食欲、睡眠欲、性欲などのさまざまな、欲求が湧いてこなくなります。

そして何もする気力がなくなってしまうのです。

私たちは、日常生活の中で、トラブルが起こると、憂うつな気持ちになります。

食欲が落ちてきたり、眠れなくなったりします。

しかし私たち人間には、本来自然治癒力が備わっています。

トラブルで憂うつな気持ちになっても、時間が経つと、自然治癒力が働き、憂うつな気分から回復することができます。

しかしうつ病になると、憂うつ気持ちから抜け出すことが、出来なくなってしまうのです。

【ハゲはうつ病になりやすいのか?】うつ病の原因

うつ病の原因解明には、さまざまな研究が行われています。

そしてうつ病になる原因は、「1つではない」ことがわかっています。

非常に辛いことが、原因で発症することが多いと言われています。

また、脳の神経伝達物質の働きが悪くなる事も原因です。

まだ、はっきりした原因はわかっていないのです。

考えられる、原因としては以下のことがあげられます。

引用元https://www.cocoro-h.jp/untreated/overview/etiology.html

【ハゲはうつ病になりやすいのか?】うつ病になりやすいタイプ

うつ病になりやすいタイプを上げていきます。

義務感が強い

正義感が強い

仕事熱心

完璧主義

几帳面な人

真面目な人

周囲の評価が高い人

また、常に他人の目を気にしていて、エネルギーの放出が多い人も、うつ病になりやすいと言われています。

 

またうつ病になりやすい気質もありますので、自分の気質をよく知っておくことも大切です。

循環気質

元気な躁状態と抑うつ状態を繰り返す双極性うつ病になりやすいタイプで、社交的、善良、親切で親しみやすい反面、激しやすいという面をもっています。

 

執着気質

義務感が強く、仕事熱心、完璧主義、几帳面、正直、凝り性などの特徴があります。仕事の質は高いのですが、量がこなせません。仕事を一生懸命完成さるために軽い興奮状態が続いたあと、ガクッときて、抑うつ状態に陥りやすいタイプです。また二者択一的で白か黒か、ゼロか100かという結果を決めつけたがり、優先順位をつけられないタイプでもあります。

 

メランコリー親和型気質

常識を重んじ、常に他人に配慮を忘れず、円満な関係を保とうとし、自己の性格だけでなく、他との関係も重視するタイプです。そのため他人の評価が大変気になり、いったん何か問題が起きると、悲観的になって、すべて自分の責任だと考えるタイプでもあります。

 

引用元https://www.cocoro-h.jp/untreated/overview/etiology.html

【ハゲはうつ病になりやすいのか?】うつ病とはげの関係

うつ病の原因は、はっきりわかっていません。

非常に辛いことや、脳の神経伝達物質の不足が、複雑に絡みあい起こっています。

ハゲも辛いことですが、命に関わるようなことはないので、うつ病の原因になる可能性は低いです。

また、ハゲとうつ病の関係を証明するデータもありません。

また、北里大学病院の精神科医の小林医師によると、

 

「薄毛がきっかけとなって、うつ病を発症する可能性はありますが、うつ病になると薄毛になるということはないですね。つまり、うつ病になったからといってAGAがどんどん進行することはありません」。
うつ病になりやすいと言われている性格の一つに「几帳面」がある。普段から日常の細かな点にまで気を配る性格だからこそ、自身の髪の毛のちょっとした変化に気づきやすくなっているという側面もあるかもしれない。

つまり、ハゲはうつ病になる可能性は否定できないが、うつ病が原因でハゲることはないという事です。

「髪の毛が気になることによって精神的がネガティブになってしまうケースであれば、髪が元通りに戻って不安が払しょくされれば、本人の気持ちが前向きになる可能性はあります。髪がフサフサに戻ることでうつ病が治るというところまではなかなか難しいでしょうけれど、回復に向けた一つの『トリガー(引き金)』にはなってくるでしょうね」。

また、仮にハゲでうつ病になったしまった場合は、ハゲが回復することによってうつ病も回復する可能性があるとの事です。

【ハゲはうつ病になりやすいのか?】ハゲの治療法

Free-Photos / Pixabay

ハゲが原因でうつ病になる可能性は低いですが、ハゲが気になったら、ハゲを治療しましょう。

ハゲ治療をやるだけやって、ハゲたら諦めがつきます。

ハゲの代表的な治療法

①育毛剤を使う

自分にあった育毛剤を見つけていく必要があります。

育毛剤は手軽に始められるのが、メリットです。

また副作用があまりないので、安心して使えます。

【最新版】おすすめの育毛剤ランキング【薄毛が気になりはじめた人向け】 本記事の内容 ランキング除外商品と理由を全て晒す ランキング審査基準を全て晒す 客観的審査基準...

②AGAクリニックを利用する

AGAクリニック、AGAとは「Androgenetic Alopecia」を略したもので、日本語では「男性型脱毛症」と訳されます。

男性型脱毛症を薬で治します。

育毛剤は体の外から、アプローチしますが、AGAクリニックでは、薬を使い体の中から、ハゲを治療する方法です。

育毛剤よりも効き目はありますが、価格も高く、副作用も育毛剤より多いです。

【最新版】おすすめAGAクリニックランキング【薄毛が気になり始めた人向け】 本記事の内容 ランキング除外商品と理由を全て晒す ランキング審査基準を全て晒す 客観的審査基準...

③自毛植毛

自毛植毛とは、自分の毛髪を薄くなった部分に移植する先端技術の薄毛治療です。

移植した毛髪は、薄毛になりにくい性質を保ったまま定着し、一生涯、生え変わり続けます。

自分自身の毛髪なので拒絶反応もありません。

自毛植毛は価格が高いですが、効果は一番あります。

また、1度自毛植毛すれば、メンテナンスが必要がないので、メリットはかなり大きいです。

【育毛植える選択肢】自毛植毛のメリット、かかる費用について調べてみました! 私が以前から気になっている、育毛方法として自毛植毛があります。 AGA治療に効果的なプロペシアなども、薬をやめ...

ハゲはうつ病になりやすいのか まとめ

ハゲが原因でうつ病になる可能性は、かなり低いです。

しかし、ハゲになると気分が落ち込んだりすることは、確かにあります。

それを防ぐためにも、しっかり育毛に取り組んでいく必要があると思います。

ハゲ対策をしっかりやり、その結果ハゲてまっても、ベストを尽くしたら、後悔は残らないです。

【最新版】おすすめの育毛剤ランキング【薄毛が気になりはじめた人向け】 本記事の内容 ランキング除外商品と理由を全て晒す ランキング審査基準を全て晒す 客観的審査基準...