育毛

2020年度【毛髪再生費用】実用化はいつか?【簡単解説】

 

毛髪再生の費用が気になる人
毛髪再生の費用が気になる人
薄毛で悩んでいます。毛髪再生の実現化の時期と費用が知りたいです?
アッキー
アッキー
このような疑問に、育毛生活を30年送ってきたアッキーがお答えします。

 

この記事は約2分で読み終わることができます。

どうぞ、最後までお付き合いください。

2020年度【毛髪再生費用】実用化はいつか?【簡単解説】毛髪の再生医療とは

引用元https://mainichi.jp/articles/20180605/k00/00m/040/066000c

まず毛髪再生医療とは何でしょうか。

それは正常に生えている髪の毛(後頭部の場合が多い)から、細胞を抜き出して培養し、髪の毛のない部分に移植する方法です。

理論的には自毛植毛と同じなのですが、自毛植毛は正常に生えている髪の毛から、薄毛になっている部分に移植するので、移植する髪の毛の本数に限界があります。

しかし毛髪再生医療だと、髪の毛の細胞を培養し、髪の毛をたくさん作りだせるので、いくらでも髪の毛を増やすことができるのです。

2020年度【毛髪再生費用】毛髪再生医療の近況

Fotorech / Pixabay

 

薄毛を治すことができたら、ノーベル賞が取れるという程、毛髪再生は難しいと言われてきました。

しかし、iPS細胞の発見で実現可能に、近づいています。

株式会社オーガンテクノロジーと理化学研究所は、共同研究を行っており、2018年6月のプレスリリースでは、ヌードマウスに髪の毛の細胞を移植し、髪の毛が正常に生えかわることを確認しています。

2019年には人間での実験が開始される予定です。

 

引用元http://https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54810?page=2

2020年度【毛髪再生費用】毛髪再生医療実用化は日本が世界にリード

Pexels / Pixabay

 

フィナステリド、デュダステリド、ミノキシジルなどの発毛剤の開発においては、外国勢に開発が負けてしまった日本ですが、毛髪の再生医療の分野では、世界でもトップを走っています。

 

日本が1番最初に、毛髪の再生医療に成功すれば、私達が早く、安い費用でサービスを受けることができます。

2020年度【毛髪再生費用】毛髪再生医療に取り組む日本の企業

薄毛に悩む人は国内に1800万人、4000億といわれる市場に大手企業が、続々と参入してきて、実用化のスピードがはやまっています。

市場に参入していている日本の企業は

① 資生堂とカナダのベンチャー企業

② 東京医科大学と東邦大学

③ オーガンテクノロジーと理化学研究所

 

があげられます。

激しい競争が続いていますが、実用化するまでには、乗り越えるハードルがまたまだあります。

 

米バイオベンチャーを77億円で買収し、毛髪の再生医療の臨床試験に入っていたアデランスは、14年度の実用化を目指していたが撤退した例もあります。

【育毛植える選択肢】自毛植毛のメリット、かかる費用について調べてみました! 私が以前から気になっている、育毛方法として自毛植毛があります。 AGA治療に効果的なプロペシアなども、薬をやめ...

 

2020年度【毛髪再生費用】毛髪の再生医療のメリット

Alexas_Fotos / Pixabay

毛髪の再生医療のメリットとして、挙げられてるのは、何本もの髪の毛を植えることができることです。

 

自毛植毛は、側頭部と後頭部の男性ホルモンに、影響を受けない毛髪を前頭部に移植するという方法です。

しかし、後頭部や、側頭部の毛髪を全て取ってしまい、前頭部に移植することは見た目が悪くなり、植える本数にどうしても限界があります。

それに対して毛髪の再生医療では、数本の髪の毛を採取し、それを培養すれば何本でも移植が可能になるのです。

 

 

2020年度【毛髪再生費用】毛髪再生医療のデメリットは費用

Quangpraha / Pixabay

 

まず、毛髪再生医療のデメリットとして自毛植毛よりも、時間がかかることが挙げられます。

自分の髪の毛を培養するのに3ヶ月かかると言われています。

時間も掛かりますし、培養した髪の毛にアレルギー反応を起こしたら、全てが無駄になってしまいます。

そして、一番気になるのは高額の医療費です。

現在自毛植毛では、約100万円の費用がかかると言われています。

しかし、毛髪の再生医療では300万から400万かかるんではないか予想されています。

また専門家の間で言われているのは、5000本で1000万円とされています。

毛髪再生医療の技術が進み、色々なところで、毛髪再生医療が受けられるようになると価格が下がると予想されますが、それも2025年頃になるではないかという予測です。

その頃には数十万に落ちるのではないかと言われています。

2020年度【毛髪再生費用】まとめ

 

薄毛で悩んでる人にとっては、毛髪の再生医療は一日でも早く実現してほしいものです。

毛髪の再生医療は命に関わることではないので、臨床試験も早く済むと言われています。

早く毛髪再生医療を実現させ、単価が下がることを待ちたいと思います。

 

【最新版】おすすめの育毛剤ランキング【薄毛が気になりはじめた人向け】 本記事の内容 ランキング除外商品と理由を全て晒す ランキング審査基準を全て晒す 客観的審査基準...