恋愛

【恋愛錯覚】 脳を利用して相手をコントロールする方法を解説します!

「なぜ人間は恋愛するのか不思議です。恋愛は脳の錯覚だと聞いたことがありますが、実際どうなのでしょうか」

 

今回は恋愛は脳の錯覚だと考えるとうまくいくことを書いていきます。

【恋愛錯覚】人はなぜ恋愛をするのか

StockSnap / Pixabay

 

 

人にはなぜ恋愛感情が出てくるのか不思議に思う人もいると思います。

変愛感情はどこから発生するのか

恋愛感情とはただの脳の錯覚です。

 

なぜなら、最近の脳科学の研究によって恋愛感情は、脳が引き起こしている錯覚現象だとわかってきたのです。

恋愛すると、人間の脳から、あるホルモン物質が出ることがわかっています。

また恋愛感情は脳のホルモン物質が起こしていることを、知ることは恋愛において、大切です。

なぜなら自分を客観的にみることができるからです。

恋愛感情は脳のホルモン物質が起こしていることを理解し、利用して、異性をコントロールすることも可能です。

【恋愛錯覚】感情を引き起こす脳内物質とは

変愛感情を引き起こす脳内物質とはPEA(フェネチルアミン)だと言われています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/フェネチルアミン

PEA(フェネチルアミン)には向精神作用があります。

つまり、人間の気分を上げ、幸福感をもたらすホルモンなのです。

【恋愛錯覚】フェネチルアミンはどうやって発生するのか

DanaTentis / Pixabay

フェネチルアミンはドキドキした時に発生する脳内物質だと言われています。

 

これは脳の機能により出てくるもので、ドキドキして不安や恐怖を感じているとき、脳は生命の危機を感じ取り、自分の子孫を残そうと、ドキドキした相手に好意をもってしまうのです。

これが恋愛感情です。

恋愛して、ドキドキしている人の尿からはフェネチルアミンが、検出されるそうです。

恋愛を起こさせる効果として有名な「吊り橋」効果は、人と一緒に不安、恐怖体験をし、ドキドキすると、その人を好きなってしまうというフェネチルアミンの作用によるものです。

よく女性が「常にドキドキしていたい」と言ったりしますが、フェネチルアミンをだし、幸福を感じたいとする人間の本能なのかもしれません。

【恋愛錯覚】フェネチルアミンを利用する

恋愛において相手の好意を向けさせるのは簡単です。

脳内物質のフェネチルアミンの効果を利用し、擬似的に相手をドキドキさせれば、良いのです。

例えば、ホラー映画を見に行く、遊園地でジェットコースターに一緒に乗る、お化け屋敷に入るなどすると効果的です。

また実際やる人はいないと思いますが、「壁ドン」は女性をドキドキさせて、男性を意識させる行為です。

ドキドキさせるというのは、感情を動かすということです。

女性が悪いことしたら、怒ったり、時には、冷たくしたり、意図的に連絡をしなかったりするなど、感情を動かすと女性の気をひくことが、できるのです。

【恋愛錯覚】フェネチルアミンは危険もある

フェネチルアミンは危険もあります。

なぜなら、フェネチルアミンは向精神作用がある脳内物質であり、覚せい剤とまでいかないですが、中毒性があるからです。

中毒性があるので、相手が離れていこうとするとストーカーになったり、変愛のもつれで、殺傷事件が起きたりしています。

また、不倫や禁じられた恋など、ドキドキして、フェネチルアミンが出る恋愛にはまってしまう人も多いので、注意が必要です。

【恋愛錯覚】フェネチルアミンの効果は長続きしない

恋愛は長くても3年ぐらいしかもたないと言われてます。

なぜなら、フェネチルアミンは2年程度で効果がなくなってしまうと言われているからです。

カップルの平均交際期間が2年というデータがあるので、それがその事を証明しています。

引用元https://www.oricon.co.jp/news/40166/full/

「恋愛の賞味期限は3年」とよく言われますが、あたっているのです。

【恋愛錯覚】 まとめ

恋愛感情は脳の錯覚であることを知っていれば、恋に盲目になることがなく、相手より格下になったり、依存したりすることが、なくなり恋愛を上手く進めることができます。

また脳の錯覚を利用して、相手の感情を動かし好意を向けさせるのも、容易になってきます。

恋愛を、上手くいかせるために、恋愛感情は脳のホルモン物質が起こしていることを、よく理解し、上手く利用しましょう。

アッキーが実際に使った【出会い系サイトランキング】